<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.05.08 Sunday  | - | - | 

男たちの大和

男たちの大和 / YAMATO「男たちの大和/YAMATO」を観ました。
★★★

「ヤマト」っていうと私なんぞはまず「宇宙戦艦ヤマト」を思い出してしまうのですが戦争映画です。今までの戦争映画と比べてどこがどう違うというのはなかったのですが、取り合えず泣かせるポイントはいっぱいあった。けど、感動したとかそういうんじゃないから。日本の戦争映画って何を訴えたいんだか私にはいつも今一つ伝わってこない。罪のない一般市民が犠牲になった事実はよくわかるけど、これを観てみんな戦争はしちゃいけないんだって本当に思うのかな?そんなこと誰だってもうよくわかってることだと思うんだけど。込められたメッセージを私が読み取れてないだけなんでしょうか?反町&獅童が熱く力入り過ぎててちょっと持て余し気味(^-^;)

感想は[moonberry]へUP。
2006.01.03 Tuesday 23:57 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< 1月の映画観賞予定メモ | main | スタンドアップ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2011.05.08 Sunday 23:57 | - | - | 









男たちの大和を観る
先日、ヒットしているという噂の「男たちの大和」という映画を見に行った。一言で言うと、非常に完成度が高く、迫真の演技もあり、非常に感動した。近年稀に見る大作であったのではないかと思う。 一点だけ気になるのは、「大東亜戦争」という言葉を使わず「太平洋戦争
| 武士道の哀しみ | 2006/01/05 12:18 AM |
DVD男たちの大和/YAMATO
辺見じゅんが戦艦大和の生存者や遺族などに取材をして書いた 第3回新田次郎文学賞を受賞したノンフィクション小説「男たちの大和」を原作に 監督・脚本を「人間の証明」「敦煌」などを手掛けた佐藤純彌が映画化。 世界最大最強を誇りながらも昭和20年4月、3000余命の乗
| 噂の情報屋 | 2006/05/26 8:19 PM |
真・映画日記『男たちの大和 YAMATO』
4月10日(火)◆407日目◆ 会社の先輩Wさんから『男たちの大和 YAMATO』がつまらないという話を聞く。 日曜にテレビでやっていてそれを見たそうだ。 わりと評判がいいだけに意外。 ボクはそれまでこの作品を見る気がなかったが、 逆に見てみたくなった。 早速
|            | 2007/05/06 11:52 PM |