<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.05.08 Sunday  | - | - | 

ドラゴンライダーを宣伝しとく

エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈1〉映画館では夏の終わりくらいから予告をやっていたのですが、テレビでもようやくCMが流れはじめたようです。12月16日公開の「エラゴン 遺志を継ぐ者」これが今からめちゃめちゃ楽しみです。基本的に魔法使いとかドラゴンとかエルフとか出てくるファンタジーが大好きな私、そういう単語を目にすると反射的に本を手にとってしまう傾向があるんです(^^;)この本も『ドラゴン』に導かれて読みはじめたのですが、一気に読んじゃいましたね。映画ではどんな感じになってるのか不安半分期待半分…いや、期待の方がすっと大きいかな?原作物は自分の中のイメージが出来上がってる分どうしたって色んな面で文句つけたくなっちゃうけど、観終わった時に面白かった!と思えることが重要ですよね。ファンタジー物は今までそういう意味ではあんまり失敗してないんでこれも期待しちゃってます。映画向きのファンタジーだと思うし。公開まであとちょっと!
2006.11.18 Saturday 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 

思わず立ててみたくなる本

邪魅の雫残業週間中ですが、京極夏彦の「邪魅の雫」を読みはじめてしまいました。発売日に買って、一気に読める残業明けまで我慢しようと思ってたんだけど、気になってしょうがないんだもん。この分厚い本は部屋のどこに置いても目に入るんだよね★どれくらい厚いって816Pですよ。普通に立つんですよ。文庫だけど全然コンパクトじゃないの(笑)いつの頃からか京極堂の新刊が出るたびに立ててみてしまう私です。かつて厚い本といえば島田荘司の御手洗シリーズが辞書のごとき厚さで苦笑いをさせられたものですが、京極本はあれを超えてるよね。講○社もさー、分冊して上下刊とかにすればいいのに。どこまで厚くできるか挑戦でもしてるんでしょうか?まあ、本好きとしては苦笑いしつつ嬉しいんですけどね。でもほんの1、2ページ読んだだけで眠りに落ちてしまいます…やはり残業明けまでは無理か…(--;)

2006.10.04 Wednesday 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |